■会社案内


 ◇沿革

1941年12月 創業
1962年 6月 根本特殊化学株式会社 設立
1984年 1月 東京研究所 開設 標識化合物の合成受託を開始
1986年10月 筑波研究所 開設 薬物動態試験の受託を開始
1989年 4月 筑波研究所 第2研究棟(合成、薬物動態試験施設)竣工
1989年11月 筑波研究所 第3研究棟(薬物動態試験施設、資料保存施設)竣工
1992年 4月 東京研究所を閉鎖、全ての業務を筑波研究所に集約
1995年 6月 GLP適用トキシコキネティクス測定の受託を開始
1997年 4月 信頼性基準対応による薬物動態試験の受託を開始
1998年 8月 GLP適合性調査で評価「A」を取得
2000年 5月 株式会社ネモト・サイエンス 設立
根本特殊化学株式会社 ライフサイエンス部門より全受託試験業務を継承
2001年 7月 In vivo、In vitro 創薬薬物動態スクリーニング試験の本格受託開始
2001年 8月 RC TRITEC AG(スイス)との業務提携による トリチウム標識化合物合成の受託開始
2002年 6月 GLP適合性調査で評価「A」を取得
2005年 8月 GLP適合性調査で評価「A」を取得
2006年 1月 株式会社加速器分析研究所との業務提携によるAMS検出検体測定の受託開始
2008年 6月 GLP適合性調査で評価「A」を取得
2008年 9月 第2GLP資料保存施設を増設
2009年 9月 分析実験室を増設
2009年10月 Curachem Inc. (韓国)との業務提携によりRI標識化合物合成の受託事業を拡大
2011年 6月 GLP適合性調査で評価「A」を取得
2013年 9月 代謝物構造推定用高分解能質量分析計を導入
2014年 2月 製剤安定性試験の受託を開始
2014年 7月 GLP適合性調査で評価「A」を取得
2015年 3月 公益財団法人 ヒューマンサイエンス振興財団より施設の適合認定

Home